渓埜胡保の戯言

語彙力のない主観と偏見に満ちた自己満足なブログなので期待しないでください…

お知らせ(23.02.03)

 

マストドン
アカウントを
立ち上げました

mstdn.jp

 

ここ最近の時世を鑑みてつくってみました。今のところ積極的に使う予定は無いですが、宜しければフォローの程宜しく御願いします。
あと既に利用しているSNSアカウントの方も今後とも宜しく御願いします。

 

まんがタイムきららキャラット 2023年3月号

 

昨年は2本アニメ案件があったキャラットだったが今年はどうなるか、年内の放送は難しいだろうが決定報は来るのか否か。他の誌でもそうだけれども次の時代をつくる作品がもっともっと出てきて欲しいなと願うところである。

最近ここの見出し文で何を語るか困っているし今回はこれ以上語る事は無いので、掲載作品をいろいろと語っていきます。

 

過去の感想記事↓↓↓↓↓

w811b8y198stx8.hatenablog.com

 

続きを読む

令五 大相撲初場所

 

昨年はまるで天と地みたいな一年だった。初場所春場所の出来事がまるで夢幻かの如く夏場所以降は荒れに荒れてとても見ていられないゴミクソ化が進行、「何が起ころうと土俵を見守る」という自分なりの責務を放棄する程に悲惨なものと化した。結局夏場所は後半中継観戦を途中休場、名古屋場所は全休して動画配信で取組を確認するに留まった。秋場所は更にゴミクソ化が進んで終盤は優勝争いに関わる取組以外は見なくなり、九州場所は一切の情報を断つという事態になるまでいまの大相撲に対する嫌悪感が深刻化した。
そんなこんなで皆勤には程遠かったものの昨年夏場所千秋楽以来に中継観戦に復帰した今年の初場所だったが、正直嫌悪感は変らないどころかやや悪化したなっていう気がする。という事で15日中5日分しか見て無いですが見た5日分について好き放題に語ります。

 

続きを読む

まんがタイムきららフォワード 2023年3月号

 

1巻に続き2巻の発売を控えて二度目の表紙をとった『ほうかご再テンセイ!』だがこれは今後への期待の表れと捉えていいのだろうか。詳しくはまた語るけれども、これまでの展開から一転したような表紙に「何を言ってるんだ」と感じたが実際本当にそんな展開だったのはある種の驚きであった。

という事でそのほさテンも含めいろいろと語ります。

今月号の記事は諸般の事情で全然執筆時間がとれなかったので普段以上に粗くなっているかと思いますがそこは御了承下さい、普段から粗い記事だろと言われても特に反論はしませんが…。

 

過去の感想記事↓↓↓↓↓

w811b8y198stx8.hatenablog.com

 

続きを読む

まんがタイムきららMAX 2023年3月号

 

2023年の今年は卯年という事で何かごちうさに動きはあるのかどうかと思っていたが、今のところごちうさ展の東京凱旋とVRライブは特に決まって無いのだろうか。芳文社側としては更に推していきたいとしてもNBCユニバーサルと何か足並みが揃いきらなかったり意欲差があるのかも知れない、あくまで自分の勝手な憶測なので実際のとこは全く分からないが。

という事でぼざろで湧いた昨年から今年は一体どうなる事か、今回もいろいろ主観と偏見強めで語ります。

 

過去の感想記事↓↓↓↓↓

w811b8y198stx8.hatenablog.com

 

続きを読む